マロウブルー

インフルエンザが流行りだしましたね...

我が家の子ども達が通う学校でも、熱で早退する子がいると聞いたと思ったら、とうとう学級閉鎖が出てしまいました...

受験生のいるご家庭では、戦々恐々ですよね

寒さと風邪に負けないように、栄養のある食事と適度な休息に、アロマやハーブの力も借りましょう!


ウスベニアオイのハーブの青色はアントシアニン色素...

レモン汁を垂らすと、今度はピンクになる、見た目にも楽しいお茶です

使われているのは青いお花の部分...一般的にはマロウブルーと言われます

キレイでしょう?

お茶を入れるお水によって、ブルーの出方が変わるのですが...

これは、普通の水道水を沸かしたもの...

少しすると、どんどん、その青が濃くなってきます

茶渋まで青いんですよ!


そうそう、それで、なぜこのお茶を淹れたかというと

マロウブルーは、粘液質という成分を豊富に含むため、淹れたお茶は少しトロッとしておりまして...

このとろみが、のどの痛みや咳にいいとされています

味も、クセがなくて飲みやすい...黒豆茶みたいな感じかな?


私、このとろみが、たまらなく好きで...

なので、のどが痛くなくても、出番の多いお茶なんです

せっかくのお茶だし、と、きっちり絞ります!

青い花の色が抜けて、白くなっているのが見えるでしょうか?


あったかいお茶とキレイなブルーに、心も癒されるティータイムです




a drop of blue

アロマセラピースクール a drop of blue アロマやハーブ... 聞いたことはあるけれど、使い方が分からない どんな有用性があるの? なんだか難しそう... そんな方に、気軽に日常に取り入れるお手伝いができたら... そんな想いから生まれたスクールです

0コメント

  • 1000 / 1000