チンキdeMPソープ

昨日、アロマのチカラについて再確認する、オンライン講座を受講しました

今だからこそ、リラクゼーションではなく、自分のカラダを守るために、アロマを使おう!

そんな講座でした


こうしてホームページまで立ち上げて、インストラクターなんてことをやっている私ですが...

まだまだ、アロマは奥が深く、知らないこともたくさんあります

お客様の前では、プロ意識を持って立つようにしていますが、他の先生の講座を受けると、新たな発見があります


トリートメントなどで、自分のカラダを内側から強くすること

目に見えないウィルスが、身体についてしまった場合に、そこに働きかけ、ウィルスを不活化させること


これ、アロマで、できるんです♡


ということで


ディフューザーで精油を香らせたり

スプレーで身の回りを消毒したり

うがいや手洗い、吸入で体の中のウィルスを撃退したり


もう一度、日常にアロマを取り入れる方法を考えました


で、せっかくチンキもできたので、MPソープを作ることにしました

今回は、洗顔用と手洗い用の2種類を作りました


お肌に使うものだと、色がキレイな方が気分が上がりますよね~


右のオレンジは、ローズヒップのチンキに、ティーツリーとレモンの精油を

左の濃いブルーは、ハイビスカスのチンキに、ローズとオレンジの精油を使用しました

ハイビスカスのチンキは濃い赤で、薄めるときれいなピンクになりますが、石鹸のアルカリ成分に反応するので、石鹸にするとブルーになるんです

紫キャベツやリトマス試験紙と同じ反応ですね(^^♪

今回はチンキの成分を多めに入れたくて、10%濃度で配合したので、色も濃くなってしまい、黒にも見えますね...

色を重視するなら、この半分でも十分色が出ると思います


ローズヒップは、チンキの色がそのまま出ます

これも、加える量をもう少し少なくしたら、べっ甲みたいな感じになったと思います


上から見る部分は、MPソープのクリアを使ったので、透き通って見えますよね

でも、横から見ると...

二層になっているのが分かるでしょうか?

下半分は、MPソープのホワイトを使っています

最初にクリアの方で石鹸液を作成して、型に流し込み、ある程度固まるのを待ちます

見えている表面が固まったら、ホワイトの方で石鹸液を作成し、クリアの上から流し込みます


<簡単レシピ>

1、MPソープを小さめに切り分け、レンジで溶かす

30秒くらいですぐに溶けます...レンジの前で、様子を見ながらやりましょう♪


2、少し冷めたら、お好みでチンキや精油を加える

チンキやオイルは10%くらい、精油は100gで10滴くらい


3、型に流し込み、時間を置く


4、型から外したら、風通しのいいところで2、3日乾かしてから使用する


今回、私は二層にしたので、クリアで50g、ホワイトで50gになるように作りました

50gの内訳は、MPソープを45g、チンキ5g、精油5滴です


MPソープは、溶かして固めるだけで簡単に好みの石鹸が作れちゃう優れもの♡

グリセリンが配合されているので、もともとしっとりする石鹸ですが、チンキやオイルを加えると、簡単に自分仕様にできちゃいます!


ティーツリーとレモンの香りのローズヒップの方は、家族の手洗い用に(^^♪

ローズとオレンジの香りのハイビスカスの方は、自分の洗顔用に♡


ティーツリーの精油には、殺菌作用があります

色々な実験もされていて、その有用性がもっと広く知られるといいなぁ、と思っています

話始めると長くなりそうなので...また、別の機会に、お話したいと思います



a drop of blue

アロマセラピースクール a drop of blue アロマやハーブ... 興味はあるけど難しそう... 私にもできるかしら? 大丈夫です! まずは一歩、踏み出してみませんか? 癒され、ほっとできる時間を過ごしましょう

0コメント

  • 1000 / 1000